2010年04月20日

検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴(産経新聞)

 11人が死亡する大惨事となった平成13年の明石歩道橋事故から8年9カ月。明石署元副署長の榊和晄(かずあき)被告(63)を強制起訴した指定弁護士3人は20日、神戸市中央区の神戸司法記者クラブで会見し、「記録を検討した結果、法律の専門家としても当然起訴されてしかるべきと判断した。検察審査会の判断は間違っていない。有罪を確信している」と自信をみせた。

  [フォト]花火見物の観客数百人が将棋倒しになり、多数の死傷者を出した歩道橋

 ■これから本番、時効停止を

 検察事務官から起訴手続きの終了を確認後、会見に臨んだ3人は少しほっとした表情。主任を務める安原浩弁護士(66)は「これからが本番。公判維持と立証は大変だなと、身が引き締まる思い」と感想を述べた。

 指定弁護士に選任からわずか2カ月半での起訴。中川勘太弁護士(37)は「複雑な事件で、理論的側面で苦労した」と起訴に至るまでの苦労を明かし、計画策定段階の過失を予備的訴因として盛り込んだのも「遺族の強い意向があった」と遺族感情を反映させたと説明した。

 地検が榊被告を不起訴とした理由の一つは、上告中の元地域官に現場での監督義務が委譲されていたと判断したためだったが、安原弁護士は「署に警備本部を作り、被告は副本部長で警備総括指揮官という立場。現場に任せておけばいいという弁解は成り立たない」と指摘。「当日の過失が被告について100%成立することはないかもしれないが、計画段階のいずれかで有罪になるとは確信している」と述べた。

 一方、時効停止のかぎとなる共犯の成立については、「過失犯の共犯成立は、学説も分かれている。裁判所がいきなり『時効成立により免訴』とはしないよう、専門家の意見も聞いて冒頭陳述から時効停止をきちんと主張したい」と慎重な姿勢。「変なところで足元をすくわれないように、用心深くやった」と強調した。

【関連:明石歩道橋事故】
強制起訴、有罪立証へ “急造検察官”困難な道
強制起訴へ異例の紆余曲折、JR脱線の議決も影響か
過失受け入れぬまま元副署長 強制起訴
妻の墓前に報告「必ず結果出る」
「なぜこれだけ時間かかったのか」明石歩道橋事故の遺族

平城遷都1300年祭 和の匠と学者、熱い挑戦実る 困難極めた資料なき復原(産経新聞)
舛添新党不発…“重大発表”予告にマスコミ集結も肩すかし(スポーツ報知)
券売機前で介護士殴る=陸自隊員逮捕−大阪府警(時事通信)
銀閣寺 修復完了(毎日新聞)
【十字路】サル逃げ出した名古屋・東山動物園で改修完成(産経新聞)
posted by ウスイ コウイチ at 18:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?(産経新聞)

 奈良公園(奈良市)内の春日大社参道でメスジカが矢で撃たれ死んだ事件で、奈良県警は13日、文化財保護法違反容疑で、三重県津市芸濃町、飲食店経営、稲垣銀次郎容疑者(39)を逮捕するとともに、自宅を家宅捜索した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は3月12日夜〜13日未明、春日大社境内で、メスジカを鉄製の矢で撃ったとしている。奈良公園のシカは国の天然記念物に指定されており、メスジカは15日に死亡が確認された。

 県警によると、現場近くに設置された防犯カメラに男や男のものらしい軽トラックが写っていたほか、男の周辺から「男がシカを撃ったと話している」などの情報が寄せられていたという。

 現場周辺にはほかにも金属製の矢が落ちており、県警は男が別のシカも狙った可能性があるとみて調べる。

奈良公園“矢ジカ”殺し、三重の39歳男逮捕 別のシカも狙う?

【関連記事】
奈良公園“矢シカ”死ぬ 文化財保護法違反で捜査
「シタツンガの赤ちゃん」 神戸市立王子動物園
仕事中に狩り、市施設所長を書類送検 イノシシ不法投棄容疑
シカ全頭を安楽死へ 大阪・池田市
シカ被害増大で兵庫県が異例の捕獲頭数上限撤廃
外国人地方参政権問題に一石

六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ(産経新聞)
<男性死亡>短期マンションで腹部刺され 外国人か…三重(毎日新聞)
閣僚数「17人は少ない」=省庁再編にも言及−仙谷氏(時事通信)
時効撤廃・延長法案を可決=人命奪う犯罪対象−参院法務委(時事通信)
<COP10>会議で出るCO2 「排出権」の購入で相殺(毎日新聞)
posted by ウスイ コウイチ at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

高齢ドライバーらの専用駐車区間、19日から導入(医療介護CBニュース)

 改正道路交通法の施行に伴い、高齢のドライバーらが日常的に利用する施設の周辺道路に専用の区間を設け、標章を掲示することで駐車を可能にする「高齢運転者等専用駐車区間制度」が4月19日から導入される。

 高齢運転者等専用駐車区間を利用できるのは、70歳以上の高齢者、妊娠中または出産後8週間以内の人、聴覚障害または肢体不自由であることを理由に免許に条件を付されている人。申請書に運転免許証、自動車検査証などを添付して警察署で申請し、交付される「高齢運転者等標章」を自動車のフロントガラスの見やすい位置に掲示した場合に限り、駐車が可能となる。

 専用駐車区間は、官公庁施設や高齢者福祉施設などに十分な駐車場がない場合、その近くの周辺道路に設けられる。該当する区間には標識が設置される=図=。


【関連記事】
75歳以上のドライバー、「運転能力に自信ない」は2.8%―警察庁
認知症の人が安全に外出できる環境の整備を
75歳以上のドライバー、「記憶力・判断力低い」は3.3%―警察庁
「高齢起業」を市が支援、地域基盤を強化―東京・八王子
往診車両「駐車禁止の対象外に」

<NPO>評価基準公表 寄付の判断材料などに活用へ(毎日新聞)
医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)
「中川一郎以来の間柄」=新党参加で義雄氏(時事通信)
がん対策提案書を長妻厚労相に提出―対策推進協(医療介護CBニュース)
平沼新党、ネーミングは「たちあがれ日本」(読売新聞)
posted by ウスイ コウイチ at 17:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。