2010年03月05日

シュワブ陸上案は公約違反=自民総裁(時事通信)

 自民党の谷垣禎一総裁は4日の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)に移設する案を検討していることについて、「公約違反と言える。名護市長選は鳩山由紀夫首相が県外(移設)への期待感をあおったからああいう結論が出たが、そこをどう整理するのか」と批判した。 

【関連ニュース】
普天間移設、月内に政府方針=鳩山首相
シュワブ陸上案同意せず=社民幹事長
シュワブ陸上案などに否定的=日本側新提案は検討済み
シュワブ陸上案を説明=平野官房長官と米大使が会談
普天間移設は「15年暫定」=シュワブ陸上・嘉手納統合案決定

思いやり予算見直し議論も、日米審議官級協議(読売新聞)
小沢氏あて実弾? 入り封筒=郵便局で発見−東京・銀座(時事通信)
関東、九州で春一番=昨年より12日遅い−気象庁(時事通信)
津波注意報、すべて解除(産経新聞)
鳩山首相との違い強調?谷垣総裁、自ら確定申告(読売新聞)
posted by ウスイ コウイチ at 23:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

<会社法制見直し>法制審に諮問 企業統治の在り方など議論(毎日新聞)

 千葉景子法相は24日、会社法制の見直しを法制審議会(法相の諮問機関)に諮問した。投資家らの信頼を確保する上で、企業統治(ガバナンス)の在り方や親子会社に関する規律の見直しが必要としている。法制審は、06年に施行された会社法の改正や新法制定も含め、必要な法整備を議論する。

 企業統治では、経営者監視の視点から、従業員代表を監査役に選任させる是非などが検討対象。親子会社の規律については親会社の株主が子会社の取締役に株主代表訴訟が起こせないか議論する。

 民主党は昨年公表した政策集で、「株式を公開している会社は投資家や取引先、労働者などの利害関係者に責任を果たすことが求められる」などとして、情報開示や会計監査などを強化する公開会社法の制定を検討するとしている。【石川淳一】

「再び教壇へ」男性教諭に肝移植を=支援者らが募金呼び掛け−岐阜(時事通信)
大腸がん治療用の抗体医薬品の承認を了承―医薬品第二部会(医療介護CBニュース)
京都市主任を収賄容疑で逮捕=工事に便宜、業者から20万円−府警(時事通信)
<チリ地震>医療救援団体「AMDA」が現地に医師らを派遣(毎日新聞)
無登録でマンション管理=全国初、元業者を書類送検−兵庫県警(時事通信)
posted by ウスイ コウイチ at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。